【伊織涼子】女は苦悶の壷を刺激され、激しく悶えるのだった。この究極拷問によって、女は快楽の渦へと導かてゆく…。